前へ
次へ

不動産屋さんからお部屋探しをする

不動産屋は、部屋を借りたい時に物件の紹介をする、あるいは家の売り買いの仲介役という仕事ぶりです。
賃貸での仕事では、大家と部屋を借りる人との間に入り、賃貸契約の管理を担います。
別では保険も取り扱っていて、不動産では大抵の場合、火災保険への加入が条件ですが、保険代理店としても活躍してくれます。
実際に見たい、もっと詳しい情報がほしいなど、物件の絞り込みができてから不動産会社に相談するのも、あれこれ迷わないポイントです。
例えば、情報検索では、複数の不動産会社が同じ部屋の広告を出しているケースが一般的です。
大家が1社と専属契約を結ぶことがマレなので、部屋探しに迷うのではなく、どの不動産会社に問い合わせるのかと迷うケースもあるほどです。
迷うにしても、自分の希望エリアに広告を掲載している不動産会社を選んでおけば、その地域に強いという判断材料になります。
見学時には、条件が厳しかったり、ぼんやりしていれば、それに見合うお部屋探しが少なくなります。
もしも、物件が少ないと言われた場合、どの条件が一番厳しいですかと質問するのも対応策で、それに応じて候補物件を三度ピックアップしてくれます。

Page Top