前へ
次へ

建物に関わる業者の違いや魅力など

ハウスビルダーといっても、工務店や設計事務所、ハウスメーカーなどが該当しています。
ハウスビルダーは、地域に密着した小規模な業者を指すので、工務店もハウスビルダーと呼ぶ場合もあります。
建築後のアフターフォローも依頼しやすく、地域性がウリです。
電気から水道、引っ越し業、弁護士や税理士など、住まいに精通する業者との繋がりも深く、トラブルにもすぐに駆けつけるために安心感もあります。
大手のイメージが根付くハウスメーカーでも、商業施設などの多角的事業を請け負うよりも、住宅部門に強みを持ちます。
一般木造からプレハブ、建売販売やリフォームなどを請け負う中でも、それぞれに得意分野があることは意外にも知られていません。
実際の設計・施工は、設計事務所や工務店が行うことが多いのも特徴で、ハウスメーカーが行う事柄は、商品企画や販売戦略などのマーケティングや営業などです。
似ているのがゼネコンですが、建設プロジェクトの企画や立案、施工監理や安全管理まで、トータルにマネジメントしていて、地域住民への対応もゼネコンが実施します。

Page Top