前へ
次へ

土地という不動産の活用方法で増加したのは

通りに面したところに建っていた空き家を壊しているのを見かけると、次に何ができるのだろうと興味深く見守ってしまいますが、最近多くなったのがコインパーキングです。
たった2台だけというところもありますが、空き家にしておくよりは少しでも収益が上がる可能性のある土地活用ということなのでしょう。
昨今、賃貸の戸建て住宅を借りる人が少なくなってきたことや、新築物件を建てるとしてもマンションを購入したいと考える人が増加していることもあって、限られた跡地に戸建ての賃貸物件を新たに建てるという選択肢がむずかしくなってきているようです。
誰も住まないからと家を取り壊した後に、また家を建てるのは確かにおかしなことと言えます。
車の往来が多い通りに面しているのであれば、たとえたった2台でも目に留まった車が止めるために利用してくれる可能性はあります。
むしろ、少ない台数の方が他の車に気を遣わずに済み、気楽だと感じるドライバーもいることでしょう。

Page Top