前へ
次へ

自分の好みの部屋がわかりました

引っ越しという漠然なことだけが決まっていて、自分で部屋探しをする必要がありました。
ですが、自分の力で部屋を選んだことがなく、どのような部屋がいいのかわからない状態だったため不動産に相談することにしました。
はじめの頃は相談しても自分の考えは変わらないのではないかと考えていましたが、不動産のスタッフの方から丁寧にひとつひとつの部屋の情報を伝えてもらったり、実際に物件の訪問をしたことにより、自分がこだわりたいポイントなどが見えてきました。
物件に関してはひとつだけではなくたくさんの部屋情報を教えてもらいましたし、1日のうちに複数の部屋を訪問させてもらいました。
いくつかの部屋を見ていくと自分の望むイメージが固まっていき、改めてその条件で相談してみると、理想の部屋がすぐに見つかりました。
自分で悩むだけでは気がつけなかったことも多くありましたので、わからない状態でいるのではなく、すぐに相談をしてよかったと感じています。

Page Top